バイシクルクランチで腹斜筋を鍛えて締まったウエストに!

バイシクルクランチで腹斜筋を鍛えて締まったウエストに!

バイシクルクランチで鍛えられる部位

ウエスト部分に脂肪がついてしまいたるみなどが気になる場合は、バイシクルクランチでトレーニングをしていくことで鍛えることが可能です。
たるんでしまったウエストを鍛えるために取り入れることが多い筋トレの方法で、腹斜筋や腹直筋などの個所に大きな刺激を与えることが期待できます。
腹筋を集中的にトレーニングすることができるため、痩せるだけではなく女性の憧れのくびれを作ることを期待することも可能です。
お腹がたるみポッコリとした下腹が気になるような場合でも、バイシクルクランチを行うとお腹の筋肉を鍛え割ることも可能になります。

バイシクルクランチの難易度、必要な器具、鍛えられる筋肉名

腹斜筋を効果的に鍛えることが可能で、誰から見ても美しく引き締まったシックスパックを手に入れることを期待できるトレーニング方法です。
自分の体重を使いトレーニングをするので、特別な道具を必要としないのが特徴になります。

腹筋を引き締め割ることが期待できますが、間違えると危険なので注意しなければいけません。
バイシクルクランチを行う場合で、体に一番負担をかかえるのが膝を曲げ上半身をひねる動作の時です。
大変難易度の高いトレーニング方法で、やり方を間違えるとお腹の筋肉を傷めることがあるので気をつけるようにしましょう。
正しいトレーニングするのが、安全に鍛えることができるコツになります。

バイシクルクランチのやり方、ポイント

お腹の部分を鍛え美しいシックスパックを手に入れることが期待でき、一般的なやり方よりもバイシクルクランチは約10倍以上もの効果があると言われています。

バイシクルクランチのやり方は、まず仰向けに寝ることから始まるのが特徴です。
寝転んでから90度程に脚を体の方見曲げ、頭と肩の部分を床から浮かせるように腹筋で持ち上げるのがコツになります。

背中の上の部分はクランチと呼ばれ、上の部分だけを鍛えていくのが特徴です。頭と肩を浮かせた後は、耳の後ろに手を添えて下さい。
右脚を体の方に曲げたら、左脚を前の方に伸ばします。左肘を右脚の方に近づけ、この動作を交互にしていくのがバイシクルクランチのやり方です。
左右同じ動作を1回と数え、10回をセット程度行うと効果が高くなりお腹の筋肉を割ることが期待できます。

バイシクルクランチのまとめ

バイシクルクランチを呼ばれているトレーニング方法は、腹筋を効果的に鍛えることができるため大変有名です。
体重を使ってトレーニングを進めていくため、筋トレに使う道具などを特別に用意する必要がありません。
いつでも始めることが可能ですが、やり方を間違えると体を痛めてしまう恐れがあるので気をつけなければいけません。

トレーニングで効果を高めたいと考えている場合は、床に脚を着けないようにしていくことがコツになります。
正しいフォームでトレーニングを行い、ゆっくりと動くようにすると速く進めていくよりも効果を高めることが可能です。