逆三角形に必要な背中の筋トレ、ベントオーバーローイング

逆三角形に必要な背中の筋トレ、ベントオーバーローイング

魅力的な背中を作るためには広背筋や僧帽筋を可能な限り鍛える必要があります。しかし背中の筋肉をきたえるのはそれほど簡単ではありません。

ただ、やり方によってはきれいに筋肉をつけることが可能になります。
1番よくないのは、単に闇雲にオリジナルのやり方で行うことです。

この方法だと、一見鍛えることができているようで全く結果が出ていないといったことも十分に考えられます。
筋トレする場合には、基本的にベントオーバーローイングと呼ばれる方法が1番効果的でしょう。
これにより、魅力的な筋肉を手に入れられるのは間違いありません。

ベントオーバーローイングの難易度、必要な器具、鍛えられる筋肉名

きれいな広背筋や僧帽筋を作るためのベントバーローイングのやり方は、まず背中の筋肉を意識して筋トレをするような形にします。

よく筋肉が動いていることを確認してから鍛錬をするようにしましょう。
姿勢としては、若干前かがみになります。
これにより、腰に負担が来ないようにコルセットなどを巻いていくと良いでしょう。

基本的にダンベルを利用するのは良いですが、これがない場合にはバーベルでも良いですが場合によってはそこら辺にある何か重たいものでも対応することができます。
もし、本格的に鍛錬をしたければ専門のところなどに行きバーベルを利用できるようにしましょう。バーベルが1番よく鍛えられます。

ベントオーバーローイングのやり方、ポイント

ベントオーバーローイングで広背筋や僧帽筋で筋トレをする場合のコツですが、やり方としては実際に十回程度持ち上げられるかどうか位の重さに設定することが大事になります。
もちろん最初の段階では、筋肉が慣れていないため激しい筋肉痛に襲われることも少なくありません。

そのため、筋肉痛にならないように少し軽いものから始めてみるのが良いです。
上半身は逸して胸を前に出すような形で行うと腰を痛める事はありません。
可能な限り、無理をしないように最初はじっくりと時間をかけて行うことが大事になります。
関節の痛みが伴う場合は無理をせずにやめましょう。

ベントオーバーローイングのまとめ

広背筋や僧帽筋の鍛え方のコツとしては、筋トレをする場合には共通している事ですが可能な限り筋肉に負荷を与えるようにします。
軽いものを何度も持ち上げるよりも、重たいものを述懐程度持ち上げたほうが確実に筋肉がつくからです。

ただ、最初のうちはあまり負荷をかけると筋肉痛になるようなことがありますので最初は筋肉を動かすような感じで流していき1週間程度流したら後は少しずつ重さを加えていくべきです。
ベントオーバーローイングの場合には、腰を痛める可能性がありますので腰を痛めないようにコルセットなどを巻くと良いです。
また関節が痛いような場合には無理して持ち上げるのはやめるべきでしょう。