ダンベル購入を迷っているあなたへ。自宅で使えるダンベルの選び方

ダンベル購入を迷っているあなたへ。自宅で使えるダンベルの選び方

自宅で筋トレをしようとした場合、まずは自重から始める方が多いでしょう。
自重に慣れてきたら欲しくなってくるのがダンベルです。

初めてダンベルを選ぶ時に押さえておきたいポイントや選び方のコツをさまざまな角度からまとめてみました。

固定式ダンベルと可変式ダンベル

固定式ダンベル

固定式ダンベルはその名前の通り、重さが決まっている(=変えられない)ダンベルです。
いわゆる鉄アレイなどは固定式ダンベルの一種となります。

固定式ダンベルのメリットは、重さを変える際に手間がかからないことと、比較的1個あたりの価格が安く済むということ。
まず1つめのメリットである「重さを変える際に手間がかからない」という点は、可変式ダンベルだといちいちストッパーを外して重さを変えるという行為が非常に面倒になります。
その点、固定式ダンベルであれば、違う重さに持ち替えるだけという手軽さがメリットとなります。

また、固定式ダンベルは可変式ダンベルに比べると比較的価格が安く手に入れることもメリットでしょう。

一方で、デメリットとしては置く場所を取るということ。
筋トレに慣れてくると、鍛える部位によっては軽いダンベルから重いダンベルまだいろいろと必要になってきます。
固定式ダンベルの場合は、それぞれに重さを揃えていくことになるため、種類が増えてきた場合に置くスペースの確保が大変になります。

場合によっては大規模なダンベルラックなども必要になりますので、トータルコストで考えるとまとまった金額になってしまうこともあります。

可変式ダンベル

可変式ダンベルとは、シャフトに好きな重さのプレートをつけて重さを調節できるダンベル。
このメリットは置くスペースが多く必要ないということでしょう。

プレートは重ねて置くことができるので、固定式ダンベルをいくつも購入するよりも圧倒的に省スペースで保管することができます。

デメリットとしては固定式に比べると価格が高めなので初期のコストは可変式の方がかかること。
ですが、固定式も重さをたくさん揃えたり、保管するためのラックが必要になったりした場合はそちらにお金がかかるので、トータルでは安く済むこともあります。

もうひとつのデメリットは重さを変えることが手間ということ。
意外と煩わしいのがトレーニング中に重さを変えるという行為。
ただ、トレーニングの内容をなるべく重さを変えずに済むように組むなどの工夫で対応できるのでそれほど問題にはなっていません。

個人的には圧倒的に可変式ダンベルをおすすめします。
省スペースなのはもちろん、負荷を上げるのも柔軟にできるため、絶対に可変式ダンベルがいいでしょう。

金属むき出しよりもラバーを選ぼう

もう一つ、選ぶポイントがあります。
それは金属むき出しのダンベルよりもラバーで覆われたダンベルの方が優れているということ。

自宅トレーニングの場合は、床や壁に傷をつけたくないですよね。
金属むき出しのダンベルは床に置いた拍子に容易に傷がついてしまいます。
丸型のプレートの場合は転がって壁に傷をつけるなんてこともあります。

ラバーで覆われたタイプのダンベルなら床へ置いたときもよほど勢いをつけて置かない限りは床を傷つけることはありません。
また、同じように転がって壁を傷つける心配もほとんどありません。

賃貸などで傷をつけられなかったりすることも多いと思います。
ダンベルで壁や床に無用な傷をつけないためにもラバー付きを選ぶようにしましょう。

ただ、金属むき出しのものよりラバー付きの方が若干高価なのは否めませんが、それだけの価値は十分あると思います。

ちなみにダンベルは1個よりも2個セットで購入することをオススメします。
1個よりも2個あったほうがトレーニングの幅も広がりますよ。

はじめに選ぶ重さ

素材が決まったら、次は重さを選びましょう。

筋力次第で一概には言えませんが、初めて買うなら男性は5キロ〜10キロ、女性なら5キロ前後が使いやすいと思います。
筋トレに慣れていないうちから重いダンベルを使うと、正しいフォームを維持しにくいため、軽めのダンベルから始めて、だんだんと負荷を上げていく方がいいでしょう。

筋トレを続けて負荷が足りなくなったら、可変式なれプレートを追加購入することで対応はできます。
とにかくはじめのうちはなるべく過負荷とならない重さから始めるのが筋トレを続けていく上でも大事なことだろうと思います。