ダイエットをする時にまず知っておくべきたった1つのこと

ダイエットをする時にまず知っておくべきたった1つのこと

毎年来るとわかっていてもいざ来るとドキッとする「健康診断のお知らせ」。

今年もやってまいりました。

このお知らせが来ると「今日から絶食だな!」ってイキってる上司を見るのは毎年の風物詩。
見るからにメタボな同僚がカツ丼を頬張りながら、普段の運動量の多さを自慢し始めるというシーンを目にする機会も増える時期です。

かくいう僕も健康診断へ向けて絶賛減量中です。こんにちは。
まあ、今ディスった上司や同僚と変わりません。

僕も万年ダイエッターみたいなもんですし、気持ちもよく分かるので、10年選手となったベテラン万年ダイエッターとして気づいた、たった1つの大事なことを皆さんにも知ってもらいたいと思います。

摂取カロリーが基礎代謝を超えると痩せない

ダイエット・減量の真理っていうのはただ1つ。摂取カロリーが消費カロリー(≒基礎代謝)を超えると永遠に痩せないということ。

ここをしっかり理解していないとダイエットや減量には非常に苦しむことになります。むしろ痩せない。
この真理をしっかりまずは理解しましょう。

ただ、問題はカロリーの把握が難しいこととなります。
そんなのわかってるよ!と思っていても実際に自分が摂取しているカロリーがどのくらいなのか見当がつく人はそう多くないはずです。

カロリーの把握にはスマホアプリが便利

Fincあすけんといったスマホアプリは食べたものを記録する機能があります。

食材から検索して入力するだけなので、結構簡単。
正直、意図したものがなかなか出てこなくてイライラすることもありますが、そこはグッと我慢してまずは入力しましょう。

入力すると総カロリー、タンパク質量、炭水化物量、脂質量が自動で表示されます。
本当はPFCバランス(炭水化物、タンパク質、脂質のバランス)も意識した食事コントロールが大事ですが、それは今は置いておきましょう。
まずは自分がトータルどれくらいのカロリーを1日で摂取しているかそれぞれの食事でどのくらいのカロリーになるのかを把握することの方が大事だからです。

自分の摂取しているカロリーがどのくらいか、この食べ物を摂るとどのくらいの摂取カロリーになるのかが把握できるようになればダイエット・減量はかなりスムーズに進められるようになるはずです。

摂取カロリーのコントロールが上手になればむやみに運動しようという考えにもならないので楽ですしね。

カロリーの見える化で気持ちもコントロールしやすくなる

Fincあすけんは身長や体重、性別などのデータを入力するとおおよその基礎代謝量を自動で計算して表示してくれます。

ある程度の期間入力していくと、自分の摂取カロリー傾向が見えるので自然とカロリーコントロール出来るようになってきます。

どうしてもマックのハンバーガー食いてえ!という日あるじゃないですか。
僕も月見バーガーが出た時は絶対食うんですけど、そうするとオーバーした分はわかるわけです。
オーバーした分は翌日以降に頑張ってコントロールすればいいというマインドになれるんですね。

僕としては毎日運動をする習慣をつけることの100万倍くらい、アプリ入力の方が楽だと思うのでダイエットに取り組みたいと思ってる人はまずこっから始めることをおすすめします。